旧ブログで大変好評だったため、前後編に分けて更新致します。

image

東海大浦安の2塁手・浜名翔は地元の軟式野球部でエース投手を務めていた。高校に進学してからも投手を続ける気はあったが、173センチ、65キロと小柄だったこともあり、内野手に専念することとなった。それでも打撃練習では率先して打撃投手を務め、本番さながらの切れ味鋭いボールを連発。各打者は浜名のシュートを嫌がり、真っ芯で捉えることができなかった。非常事態が起きたのは県大会直前だった。エース・井上大輔(のち東海大)が体育の授業中に左太腿の筋断裂で離脱を余儀なくされたのだ。3年生最後の夏を目前にチームの顔でもあったエースが消え、甲子園への道は閉ざされたといっても過言ではなかった。

image
(画像)攻守に抜群のセンスを誇っていた浜名。犠打や逆方向への右打ちといった小技にも長けていた。

「僕が投げます」

浜名は手を挙げたが、森下倫明監督は首を縦には振らなかった。それでも浜名は投球練習を行い、アピールを続けた。甲子園に出場すれば、井上は間に合うかもしれない。主将としてチームを、投げられないエースを救う覚悟を決めていた。これには流石の森下監督も浜名の気持ちを汲み取るしかなかったのだろう。背番号4の右腕に全てを託すことにした。浜名は5回戦の市柏戦で初登板。横手から投じる直球、シュートで打者の内外角を突く強気の投球が冴え渡った。準々決勝で千葉敬愛を4-3で下すと、準決勝の八千代松陰戦では1安打完封勝利。決勝で木更津中央(現・木更津総合)を4-1で下し、甲子園出場を決めた。浜名は4試合を完投。井上は浜名に自分のグラブを渡し、「お前も俺も球威がない。強気で内角を攻めろ」と投手の心得を授けた。

image
(画像)得意球のシュートで相手打者を手玉に取った浜名。決勝で木更津中央を4-1で下し、甲子園出場を決めた。

初戦の相手は延岡学園だった。神内靖(のちダイエー→横浜)は控え投手だったが、県内では「右の寺原(寺原隼人)、左の神内」と呼ばれるほどの評判だった。140キロを超える速球、大きく縦に割れるカーブが武器であり、県大会では34イニングを投げ、奪った三振は48。3回戦の日南振徳商(現・日南振徳)戦では7者連続三振も奪った。制球力は今一つだったが、荒れ球が幸いし、連打を浴びなかった。試合は浜名と神内の息詰まる投手戦となった。両チーム走者を出したが、あと1本が出ず、試合は中盤に差し掛かった。

image
(画像)神内と息詰まる投手戦を演じた浜名。試合は1点を争う好ゲームとなった。

試合が動いたのは8回だった。延岡学園は1死から小林が左越え2塁打を放つと、1死後、松原が右前打を放ち、1点を先制。その裏、東海大浦安は星野が2塁打で出塁。相手の暴投などで1-1の同点に追い付くと、中村一生(のち国際武道大→中日→オリックス)が右前打を放ち、1点を追加した。9回表、延岡学園は2死1、2塁で笠江の打球は右方向に転がった。2塁走者・竹内のスタートも決して悪くはなかった。捕球した相沢は無我夢中で本塁に送球。ボールは藤岡が構えるグラブにストライクで収まり、竹内はタッチアウト。劇的な幕切れとなり、2-1で勝利を収めた。浜名は10安打を浴びながらも得意のシュートで17個のゴロアウトを築き上げ、大量失点は許さなかった。

image
(画像)相沢のダイレクト送球で同点を阻止した東海大浦安。勝利の瞬間、浜名(左)はガッツポーズを見せた。


(動画)YouTubeより。

3回戦の日大豊山戦でも浜名は好調だった。内角のシュート、外角のスライダーで相手打者を翻弄。3回まで日大豊山打線を無安打に抑え込んだ。味方打線もエース・加藤大輔(のち日本大)の立ち上がりを攻め、森、中村の連続安打などで6得点。6-2で準々決勝進出を決めた。試合後、浜名はこう話した。

「次も今日以上の投球を心掛けます。もちろん、一人で投げ抜きます」

準々決勝の相手は横浜だった。エース・小沢晃弘(のち亜細亜大)は外角低めのスライダーが武器であり、畠山太(のち日本大→富士重工)との「2枚看板」である。守備も堅く、チーム打率は.305。優勝候補の一角に挙げられ、下馬評では横浜が有利だった。浜名も抽選で横浜との対戦を引いた時、自分の運のなさを嘆いていたという。初回から大河原の2塁打などで1点を失ったが、浜名は冷静に相手打線を見ていた。シュート投手というイメージを利用し、2回以降は1試合5、6球しか投げていなかったフォークボールを多投。横浜打線をわずか3安打1失点に抑え込んだ。味方打線も5回に伊藤慎の右前打、相沢の内野安打などで逆転に成功。2-1で準決勝進出を決めた。試合後、浜名はこう話した。

「立ち上がりは不安があったんです。でも、スライダーとフォークが良く切れていました。それに今日はキャッチャーの藤岡が良くリードしてくれましたね」

image
(画像)横浜打線を3安打1失点に抑え込み、準決勝進出を決めた浜名。勝利の瞬間、マウンド上で喜びを爆発させた。

県大会直前にエースが故障で離脱。甲子園への道は閉ざされたかのように思えたが、背番号4のエースの活躍もあり、甲子園出場を決めると、初戦の延岡学園戦では10安打1失点。森下監督の「俺に1勝をプレゼントしてくれ」という檄にチームが奮起した。3回戦の日大豊山戦では本塁打を浴びたが、6回以降に許した安打はわずか1。準々決勝の横浜戦では頭脳的な投球が冴え渡り、2-1で優勝候補を下す大金星を挙げた。173センチと決して大きくない体で驚異のスタミナが快進撃を支え続けている。果たして浜名は準決勝でどのような投球を見せてくれるのか。また、チーム初の決勝進出はなるのか。後編に続く。

image
(画像)某アニメの次回予告風にしてみました。今回はここまで。後編もお楽しみに。

▼後編


image

・特になし

image

・『地域別高校野球シリーズ16 関東の高校野球Ⅰ[茨城、千葉]』ベースボール・マガジン社, 2014年, pp.50-51
・『平成甲子園 ~高校野球真夏の名勝負~』日刊スポーツ出版社, 2008年, p.91
・『別冊宝島1206 今だからわかる 分析! 高校野球名勝負 因縁の対決・逆転劇・投手戦・打撃戦など』宝島社, 2005年, p.139
・『甲子園決勝 因縁の名勝負20』上杉純也, トランスワールドジャパン株式会社, 2014年, pp.254-258, pp.269-270
・『熱闘!! 甲子園夢伝説 ビッグ・ヒーロー&ゲーム1956~2002』学研, 2002年, pp.152-153
・『激闘! 甲子園~グラウンドの表裏~ [栄光の陰に知られざる事実があった!]』桃園書房, 2006年, p.110
・『週刊朝日 8月15日号増刊 2000甲子園大会号』朝日新聞社, 2000年, pp.38-39, pp.44-45, p.75, p.180
・『アサヒグラフ増刊 9月5日号 2000甲子園の夏 第82回全国高校野球選手権大会完全記録』朝日新聞社, 2000年, pp.10-11, p.71, pp.102-103, p.120, pp.131-132
・『週刊ベースボール 9月9日号増刊 第82回全国高校野球総決算号』ベースボール・マガジン社, 2000年, pp.6-9, p.15, p.21, p.95, p.113, p.125, pp.151-153
・『輝け甲子園の星 2000大会号』日刊スポーツ出版社, 2000年, p.6, p.9, p.34, pp.118-119, p.134, p.150
『ホームラン 9・10月号 2000年 夏 甲子園 第82回大会 決戦速報号』日本スポーツ出版社, 2000年, p.8, p.10, p.12, p.16, p.80, p.87
・『報知高校野球 [選手権大会速報]智弁和歌山が優勝!今世紀最後を飾る』報知新聞社, 2000年, p.5, p.7, p.45, p.57, p.66, p.92
・『輝け甲子園の星 2000秋季号』日刊スポーツ出版社, 2000年, p.18
・『輝け甲子園の星 2001夏季号』日刊スポーツ出版社, 2001年, pp.10-12
・『Wikipedia』神内靖, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%86%85%E9%9D%96(最終閲覧日:2020年9月9日)

image

・ 1枚目:『週刊朝日百科 <週刊> 甲子園の夏 1999-2002 vol.19 81・82・83・84回大会』朝日新聞社, 2008年, p.24
・ 2枚目:『輝け甲子園の星 2000秋季号』日刊スポーツ出版社, 2000年, p.79
・ 3枚目:『平成スポーツ史 永久保存版 高校野球』ベースボール・マガジン社, 2019年, p.67
・ 4枚目:『YouTube』⚾【平成12年】智弁和歌山 vs.東海大浦安【高校野球・決勝】, 2013年,
https://www.youtube.com/watch?v=ZG_wb-ShQ-A
・ 5枚目:『アサヒグラフ増刊 9月5日号 2000甲子園の夏 第82回全国高校野球選手権大会完全記録』朝日新聞社, 2000年, p.71
・ 6枚目:『ホームラン 9・10月号 2000年 夏 甲子園 第82回大会 決戦速報号』日本スポーツ出版社, 2000年, p.16
・ 7枚目:『Pinterest』出所不明


最後まで目を通して頂きありがとうございました。

image


imageimage


image


image image
image image
image image